スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十津川周辺散歩

2011.06.05.21:06

6月5日は当初仕事を予定していたのですが、前日少し遅くなっても、やりきりの方針があり急遽休めることになりました。ラッキーです。
しかし前日遅くなった事もあり、朝の出動が若干遅くなったのと前日に全くルートを計画していなかったので全くの思いつきルートとなってしまいました。

まずは今日のルートです。
ルートラボが開きます。

無題

出発時刻は7時頃、車載して自宅を出発。
しかし、この時点でいつもの近くの平池にデポして何処へ行くか考えよう、葛城山、加太、高野山、ぐらいかと思っていたのですが...。

平池は自販機が無いので手前の自販機でお茶を購入時、ふと十津川吊り橋周辺はどうなのか。
ほぼ1年ほど前に行った時は結構工事区間が多くあったので一部新しくなっているのでは...。
と思ったので、車で猿谷ダムにデポし十津川沿いを下ることにしました。
まったくいい加減なもんです。
道中、東向きに紀の川沿いに進むのですが、太陽がまぶしいです。
あれ、そういえばサングラスは持ってきたか???
あわてて、車を止めて探しましたが、やはりありません。

しかしこんなものがトランクから出てきました。
釣り用の偏光サングラス、がまかつ製です。

IMG_1352.jpg

何とか代役できそうです。

猿谷ダムへは8時45分頃に到着です。
天気予報では晴れでしたが、少し雲が多いようです。
さっそく準備に掛ります。

IMG_1354.jpg

出発は9時頃、若干遅くなってしまいました、16時には帰着して所用をこなさないといけないので行ける所までとしましょう。

予想どうり、以前工事をしていた部分は完了しています。

IMG_1356.jpg

しかし、この後方の橋はまだ渡ることができません。

渡ることができる部分もあります。

IMG_1358.jpg

ルート168は道幅が結構広い割には交通量もそれほど無いし、下り基調方向は結構快調に進みます。

IMG_1359.jpg

谷瀬の吊り橋が見えました。

IMG_1360.jpg

観光客が少なかったので少しロードシューズのまま進みましたがなんだかスベリそうで途中で引き返しです。

IMG_1361.jpg

途中風屋ダムで休憩します。
IMG_1362.jpg

ダム下側から。

IMG_1366.jpg

先週は雨続きであったのでかなり濁って濁流に近い状態のようです。
川の写真もほとんど無いのは茶色に濁った状態なので残念です。

しかし、天候が気掛かりです。
南に行くにつれて雲行きが怪しい状況。
もう少しだけとして、早い目に戻る事にします。
道の駅"十津川郷"に着きました。

IMG_1371.jpg

ハンバーガーで軽く休憩です。

IMG_1368.jpg

足湯もあります。
更に無料!!!
思わずこんな状態に。

IMG_1369.jpg

気持ち良く浸かってたのですが天気も気になるので、ここでUターンとします。
こんなところを戻ります。

IMG_1374.jpg

しかし、十津川へ来る時は晴天に恵まれた事はゼロです。
前回は雨少し+霧のち曇り といった状態。
今日予想どうりやばくなってきました。
急げ、写真もほとんど無し。
しかし、登り基調で思うようにもならず。

IMG_1375.jpg

最後の猿谷ダム少し手前でポツリポツリ、来ました。
後はトンネル1つだけなのでなんとか、滑り込みセーフ。
ダムには12時半頃。
4時間程度の走行となってしまいました。

今日の走行距離 74㌔
AVG 22.6㌔
           でした。
反省、やっぱりちゃんと計画しないといけません!!!

スポンサーサイト
プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。