スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風を切って走れる日は一体いつになるんだろう

2013.06.29.08:02

最近やっと梅雨空が続いています。
雨が降らないのも困ったもんですが、降りすぎるとまた違った問題がありますね。
程々がいいんですがなかなかうまくいかないようです。

さて、左手首の回復状況は相変わらず状態。

IMG_0414.jpg

医者からも特効薬はないので"日にち薬"しかないようです。
全く乗らない期間は最高新記録を更新中で、体力が落ちているのは明白です。
残念ながら記録もまだ伸びそうな気配です(~_~;)。
先日まで手首は完全固定の為、添え板と包帯でぐるぐる巻きであったので大変不自由でした。
すこし、回復の兆しも見えたのでスポーツ用品店で手首固定用のサポーターを調達。

完全固定ではないですが、中強度というレベルのサポーターです。
包帯スタイルはいかにも怪我人という風ですがこれでちょっとはマシになったでしょうか。

そしてちょっとローラー台を工夫、手首に負担をかけない姿勢を取れるようにフロントタイヤ下に8㎝位の雑誌で高さを調整。
この姿勢なら一応ハンドル自体を持つことは可能なのですが・‥。

IMG_0417.jpg

ハンドルを握っているというより添えているという方が正確ですね。

それ以上にフロントシフトのアップダウンが問題。

IMG_0416-1.jpg

この操作に全く力が入りません。
特にアウター側へのシフトは不可能.
右手をのばして操作しないと変速出来ません。

先日も町ジテで遊んでいると"こりゃ電動化しかないてしょう"と^_^;。
と、丁度調整中の電動シフトを触らせて頂くことに。

たしかに・・‥。
ワンタッチというか、"ポチ"と押すと"ウイーン"と動き、"これで変速したの?"という感じ。

負傷する前は全く眼中になかったもののこういう事態に陥ったからはこんなサポートもありかな~。
でも費用は・・‥。

有志メンバー各位は色々と走り回っているようですが今は我慢の時期。
しかしこの間、どれだけ体力が落ちているんだろう。
乗り始めたら絶対みんなに付いて走れないでしょうね。
一度落ちた体力を基に戻すには、たぶん倍以上の時間と努力が必要なんでしょうね。
せめてローラー台だけでもまともに乗れるようにならないと…。
スポンサーサイト

こんなところにバーテープは嫌だよ

2013.06.12.20:35

先日町ジテ貴志川店でImperiale号のワイヤー周りを修正してもらい、次いでに白いバーテープも巻き替えしてもらって気分ルンルン、良くしていると…。
こんな所にも白いテープが…悲しすぎるう…。

IMG_0393.jpg

ちょっとハンドルは握れないです。

先週の走行会もちょっと左手首は違和感があって、フロント変速は"よっこらしょ"下ハンドルもつらかったんですが、白いバーテープに気分良くしてガンガン乗ったのが悪かったのか、それとも先日の庭木の剪定時に無理をしたのかわかんないですが月曜日からは最悪状態。
左手首が痛くて回りません。
本日、和市の専門整形外科で診察、レントゲンの結果。
筋が炎症を起こしているらしい
ほっておくと断絶の可能性"も
詳細は後日のMRIで診察の結果を待って治療方法の選択となりました。
それまでは絶対安静という訳で手首を曲げないように完全固定されてしまったよ。
こんなテープは巻いてほしくないです。

この暑い時期に最悪状態なり。

強力馬力さんの高野山はダメでしょう。
計画案中の京北美山も危うい様相、^_^;。

年齢を重ねてくると色々とガタが出てきますね。
少しの間おとなしくしています…。

白崎峠茶屋とkcc走行会

2013.06.09.15:43

今週土日は完全フリータイム、ワクワク!!!
という訳で8日は白崎海岸の峠茶屋へ昨年の疑問符がついていた、"玉子かけアイス"の実態確認に。9日はkcc定例の走行会で九度山から花坂へ登り県道3号で桃山までのコース。




まずは土曜日。
自宅出発は6時半。
ひんやりとした朝です。

黒沢は工事が続いているようなので激坂登りを避けて、札立峠を越えて行くことに。

寄り道ついでに札立峠から生石高原へ。

CA380869 (1)

駐車場までは結構キツイ。
まだ、開店ていなく駐車場は単車が1台のみ。

CA380872.jpg

木陰でしばしの休憩、
今日はコンデジ無しで携帯カメラからなので画質いまいちだね。

ここからは一気の下りでちょっと寒い!!
二川ダム湖畔にて。

CA380874.jpg

しばしは快適下り基調。
こっちへ来たら必ず寄ってしまいます。

CA380875.jpg

一路白崎海岸を目指します。
そういえば最近こっち方面のコースが多いような。

こっちへ来れば山と海の両方がありますからね。

さて、峠茶屋に到着。
まずは"玉子かけご飯"。
今日は"大盛り"ではなく"並サイズ"にしました。

CA380883.jpg

生玉子はちょっとインフルエンザが気掛かりだったんですが、そんなことを言っていたら何も食べられないよ。
昨年疑問符のままとなっていた"玉子かけアイス"の確認もしないと。

これが"玉子かけアイス"なり。

CA380885.jpg

温泉玉子とアイスの合体でした。
玉子はどうもシャーベット状態の方か良いような気がするんですがね。

ここのベランダで小一時間の小休止。

CA380887.jpg

さて、帰りもきららときめきロードを戻るものの、かなりの向かい風。

CA380889.jpg

所々で休憩。

CA380890.jpg

帰りは黒沢から越えたものの途中の工事区間は激坂下りでそろりそろりペース。

CA380893.jpg

今日は生石と白崎のアップダウン、帰りは黒沢と最後は足がパンパン状態で帰宅。
ほとんどバタンキュー状態で爆睡なり。




明けて9日はkcc月例の走行会。
4月、5月と欠席したので日さし振りの参加。

打田のわかもの広場に定刻少し前に到着。
既に10名強が集合。

さて今日のコースは何処なの。

CA380894.jpg

取りあえず慈尊院ということでスタート。
なんか昨日の疲れがあるような、無いような。

今日は途中の休憩はないんですね。

ちょっと遅れたものの何とか慈尊院着。

CA380895.jpg

最終メンバーも到着し一呼吸。

CA380896.jpg

みなさん色々、自転車談義真っ最中。

CA380897.jpg

今日はここから、九度山ルートで花坂まで登ります。

やっぱり花坂までの登りはてき面ペースダウン。
全く足が廻りません。
24Tでもヒイヒイ状態。
このルートであれば21Tで回していかないと・・‥。

みなさん、お待たせいたしました。

ここからは県道3号を主体に下りベース。
何とか離脱せすに最終桃山の神田に到着。

先週はツールド観戦と庭木の剪定で実走行"ゼロ"だったので12日間のブランクと昨日のダメージで全然状態。
やっぱり普段もっとローラー台を含めて活用しないとみんなに付いていけませんわ。

ツールド熊野Ys’racing-teamの応援

2013.06.03.21:40

6月2日は大地町で開催中のツールド熊野、大地コースの観戦と地元Ys’racing-teamが参戦する、黒潮ロードchampionクラス、そして実業団として参加の"K林さん"の応援に駆け付けてきました。

無題-7812

ツールド熊野は、UCI(国際自転車協議連盟)のアジアツアーとして、国内チーム、海外チームが参加する国際レースです。
そして、JBCF(全日本実業団自転車競技加盟)の実業団レース、黒潮ロード(一般市民参加)が併用して行われました。
5月31日、6月1日と2日間は既に競技が終了し、6月2日は最終日の大地コースと一連の表彰式、閉会式が予定しています。

さて、当日自宅を5時過ぎに出発、現地会場着は8時過ぎでした。
早速駐車場入口で我らがYs’teamが準備中です。

DSC00573.jpg

レース前に集中力を付けている最中なので長居は禁物、一言健闘を願っておきます。

スタート地点周辺では各teamがウオームアップ中。

DSC00570.jpg

そろそろ定刻となりスタート地点に移動するYs’racing-team面々。

DSC00581.jpg

【がんばれ!Ys’racing-team ”キャプテン”、”オヒさん”、”ホンケンさん”K林さん”。】

定刻近く、スタート地点に整列。
やがてスタートシグナルのカウントダウンが始まり緊張の一瞬。

DSC00591.jpg

スタート地点の100mくらい前方でカメラを構えて応援に来ている僕も緊張しました。

UCIレースを除く実業団、この中には、Ys’racingの”K林さん”も参戦。
そしてYs’racing-teamが数名参加のチャンピオンクラスが約15秒間隔くらいで順次スタート。

積極的に前方に躍り出た”オヒさん”

DSC00639-1.jpg

素早いのベストポジション争い中は”キャプテン”

DSC00643.jpg

後方から密かにまくっていくのか、不気味な位置取りは”ホンケンさん”

DSC00641-1.jpg

あっという間に目の前を通過してしまった。
すごい!!! 迫力が伝わってきます。

何しろ昨年、一昨年と、championクラスはYs’teamがチーム全体でサポートし、キャプテンが連覇。
今回、確実に3連覇をもくろんでいるはずでしょう。

さて、コースは約9.6㌔を3周回します。
これは昨年の海岸線コース、素晴らしい。

無題-587

スタート地点にいる僕たちは見ることはできませんがコースはスタート後、魚港を過ぎてからKOM地点までが登り
そしてこの写真の岬の尾根から海を見下ろし細かいアップダウンとコーナーの連続、やがてコースは一部に狭くタイトに、再度魚港に戻りトンネルをクリアーすると海岸通りの広いコースそしてスタート地点に戻り3周回。
今年は曇っているものの選手にはベストでしょう。

たぶん一周回を16分前後で回ってると思います。
そこで、観戦場所をゴール前の海岸線直線からゴールに向かう緩やかなカーブ地点に移動。
やがてクラス別に1周目が戻ってきます。

まず、実業団クラス。
“K林さん”は先頭集団の中間あたり、ベストポジョンをキープして通過。さすがです。

DSC00653.jpg

ん!!!どうした、
championクラスが来たけど”ホンケンさん” がグループ後方をキープしていたものの”オヒさん”と”キャプテン”が見当たりません。
早いので見逃したのか???

少しするとと”キャプテン”がスローダウンして1週目。どうしたの??
そして、”オヒさん”も続いて…。

近寄って、”オヒさん”に情報聞くと、”メカトラブル発生、”スプロケットギヤがカン!カン!歯飛びするよ”と残念ながらDNF。
”キャプテン”も詳細分からずですが、足に違和感があるらしい。と残念ながら同様か。
そしてレースペースは異様にハイスピードらしい。
何処かのteamの作戦なのか!!!
最後まで粘っていた”ホンケンさん”も最終回に残念ながら千切れてしまった。

この平坦主体のコースは個人戦というわけではなく、チーム戦。
みんなのチームワークがないといろんな揺さぶりに無駄な体力を使ってしまうようです。
ロードレースの難しさと楽しさがここに潜んでいるんでしょう。

今日のchampionクラスは残念な結果でしたが 、実業団クラスで出場した”K林さん”は見事に2位に入賞を果たしてくれました。
前日までは観戦に来ていませんが、入賞には至らなかったものの一桁順位のレースも幾つかあります。

実業団レースの最終回
“K林さん”最終ゴール直前。

DSC00757-2.jpg


一人が早い目のスパートで約10mの差。
これを詰め寄っていくものの僅かに届かず無念か。
しかし堂々の準優勝。
“おめでとう!!!”

DSC00849.jpg

表彰式で”Ys’racing-teamK林さん”の名前が呼ばれると一段と大きな歓声が!!!。
やったね。おめでとう。

championクラス ”ホンケンさん”が言っていたよ。
【熊野に大きな忘れ物をしてきたよ……】と。

是非来年はみんなで忘れ物をとりにいきましょう。
3日間お疲れさんでした、そしてありがとう。Ys’racing-team。

プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。