スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の大台ケ原を目指して

2012.07.29.05:43

7月25日、土曜日は仕事が予定されていたのですが、急遽キャンセルとなり終日のフリータイム。
前日に決まったのでさてどうしょうか。
夕刻に2人に”とっか行きません?”とメールなどしたものの急だったので誰も無理の様相。
ということで、前回予定の半分くらいしか走行できなかった大台ケ原を単独で目指すことにします。

前回は昨年の大雨の後だったので至る所で交通網が遮断、ほとんど大台ケ原のドライブウエイだけしか走れなかったのです。

自宅からとなると優に200㌔越えとなってしまうので当然途中デポを計画。

本日のルートです。

無題11

出発は5時過ぎ。
忙しく車載を済ませ出動態勢が整いました。

IMG_0265.jpg

途中コンビニで朝食などを調達。
今日も暑くなりそう!
夏だから当然か。

IMG_0267-1.jpg

吉野の津風呂湖畔にデポ。
ここは前回来た時に下見をしていたのですんなりと。

IMG_0272.jpg

さて準備完了で7時半、いざ出動。
津風呂湖畔も気持ちよさそうなので半周ほど湖畔を回った後、ルート169へ。

昨年大崩落となった、川上村、杉の湯手前のルート169。

IMG_0276.jpg

架設の橋がつけられて通行可能にはなっているのですが、崩落の爪跡は大きく今尚復旧途中。
本当に自然の力はすごい。

崩落現場から500m程で”道の駅杉の湯”に到着しボトルを満タンにしておきます。

ロンドンオリンピックの開会式の時間帯と重なっていることもあってか、思いのほかルート169も交通量は少なく快適。
IMG_0278.jpg

この辺りから徐々に登り基調になります。

大滝ダム湖畔。

IMG_0279.jpg

だんだん景色が雄大になってきます。
地元のルート370より遥かにスケールが大きい。
しかし不思議と自転車乗りには全く遭遇しません。
当たり前か、今頃の時間帯に下ってくるはずがないでしょう。

路肩から峡谷を覗く。

IMG_0281.jpg

続いて大迫ダム着。

IMG_0284.jpg

後方には屏風岩が見えます。

IMG_0285.jpg

途中いくつものトンネルを通過しますが、非常に狭く暗い、更にトンネル内もず~と登りです。
1000m位のトンネルでもなかなか抜けられません。
その間どんどん脇から爆音とともに4輪が来ます。
ここは別ルートがあればそちらを行きたいよ~。

ルート169名物のループ橋。

IMG_0290.jpg

橋とトンネルが複合して1周完全にループしています。

ここを過ぎるとまもなく大台ケ原ドライプウエイに合流します。
前回はここも閉鎖されていたのですが通行可能になっていました。

さていよいよ本番のヒルクライムのはじまり。
ドライブウエイ自体は激坂はないのですが距離があるので余裕を持っていかないと後半でバテてしまいます。

伯母谷のトンネルを越した辺りで一息いれます。
毎年実行されている大台ケ原ヒルクライムの案内があります。
今年は9月9日らしい。

IMG_0291.jpg


しか~しここで2つの誤算が。

1つは既にボトルには残りわすがのアクエリアス。
ここまで減っているとは思っていませんでした。
ここからは最終の駐車場まで休憩所はおろか、自販機さえないはずです。

もうひとつはここに止まったとたん”アブ”が数匹まとわりついて離れません。

ゆっくり木陰で休憩も出来ずに出発せざるを得ない状況です。
さらに、走り続けても”アブ”はなかなか離れません。
”アブ”にすれば、ほとんど肌を出して汗のにおいプンプンの自転車乗りは最高の獲物です。

しかも登りが続くのでそんなにスピードも出せず、ボトル内容も心もとないし・・‥。
時折片手でバタバタと原始的手段で振り払いながら・・‥。
しばらくしてなんとか”アブ”は振り切ったようです。ホッ。
しかしこれで大きく体力消耗、後はノンストップで頂上駐車場を目指すしかありません。

ボトルが空になって残り1/4程度でしょうか。
一部平坦部分が出てきました。

最後の駐車場までの登りは結構応えましたが無事到着で真っ先に自販機へ。

IMG_0292.jpg

表にいるとまだ襲われるといけないので早速の昼食タイム。

IMG_0293.jpg

止まっていると標高1600mクラスはさすがに涼しい。
しばらくするとこのウエアーでは寒い位になってきた。
ほとんどの方は長袖長ズボン、登山靴の山岳スタイルの中、どう見ても”半袖短パン”はアンマッチです。まあいいか。

駐車場はほぼ満車に近い。

IMG_0294.jpg

今日、午後から山間部はにわか雨に注意ということだったので早い目に下山することに。

大台ケ原の景観、立ち枯れのカラマツ群。

IMG_0296.jpg

途中、初夏の蝉の鳴き声の中、通過してきたルート169ルーフ橋が眼下に。

IMG_0298.jpg

下りのドライブウエイは寒いくらいだったものの、ループ橋を下ったとたん一気の気温上昇か。
こんどはさすがに暑い暑い!!。

途中何度も休憩しながらこんなもんを発見。

映画”ローマの休日”にも出てきた。”真実の口”

IMG_0300-2.jpg

なんとか無事津風呂湖畔に戻ってきたのは15時半頃でした。

本日の走行115㌔
獲得標高はまさかの2500m超え。
疲れたはずです。


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.07.30.22:19

僕は過去3回 自走で大台ケ原に行きました。

あまり体によくありませんが(笑)

小豆島もいいとこですよ、また行きたいです。

おいやんさんへ

2012.07.31.05:45

おいやんさんと同じ物差しで見ないでくださいよ。
僕は吉野からで一杯いっぱいです。

貴志駅のmasaさんとは学生時代の同級生なんです。
最近あまり走っていないようですが。

飲み物の無くなる恐怖

2012.07.31.23:28

お疲れ様でした。
私も今週、金剛山で飲み物の無くなる恐怖を経験しました。
まぁ、実際には無くなる直前に自動販売機があってよかったですが。
山や峠では、できるだけ重いものを持っていきたくないのと、喉の渇きを癒したいとの葛藤でした。
特に初めて行く場所では勝手がわからず困りました。

私は夜型なので、夜には強いですが、朝は全然ダメで、朝早く起きられるFelt75さんがうらやましい。。。(^^;

あり~さんへ

2012.08.01.20:41

夏場はボトル2本体制が必要ですね、
今は1本はツール缶で工具や補修用のチューブをいれています。
夏場はこれらをサドルバックなどに移しボトル2本が必要だと体感しました。
そういえば”町ジテ大浦店”がいよいよ開店するそうなので仕事帰りにでも寄ってサドルバッグを調達しておこう。

お疲れさまでした

2012.08.04.20:31

せっかくのお誘いお断りしてすみませんでした。

素敵なところに行ってきたんですね(笑)

次はぜひ、ご一緒させてください。

スペシャのターさん2号さんへ

2012.08.05.19:31

単独だったので”ポタポタマイペース”でした。
ターさん2号といっしょでこんなコースを選択したらヒモで引っ張って頂かないと付いていけませんので。
またメール入れますので宜しくです。
但し激坂はだめですよ!

プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。