スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規ロードバイク (③ スプロケット編 )

2012.10.16.21:50

次期ロードバイク計画もフレーム編、ホイール編、と来ました。
第3回はコンポーネント、中でもスプロケットを取り上げてみました。

コンポ一式を考える上でまず、この時期コンポの話題として、シマノduraase 9000 シリーズの発表を避けることはできません。

以前より噂や、国内主要レース等でトライアルをしていた11s仕様。
やっとそのベールが外されることになります。

無題0178

宿敵、カンパニョーロ社に対抗すべく、shimano社が満を持して送り出してきた、"11s"最強レース仕様のコンポです。
11s化はともかく、クランクアームが4本となった事。
これには力学的にかなり研究があったようです、

ということでまず11速となったスプロケットの話題からということにします。

無題スプロケット


スプロケットを語る上でそれを納めるホイールハブと切り離して話すことはできません。
今回のshimano11sは以前の "8s/9s/10s" "9s/10s" "10s専用" の3種類のハブとは全く互換性がなくなっているようです。
ということは既存ホイールに11s化を図るには、ホイールのハブを交換しないと装着が不可能ということです。
しかし、shimano社 は既存ホイールの交換用ハブを取扱わないという情報。
ということは新たにshimanoホイールごとを交換しないと11s化はできないという結論になります。

一方、フルクラム社は既存ホイールの交換用ハブを開発、販売をする予定という情報。
どのレベルのホイールまでを対処とするのかなど分からない部分は一杯ありますが。
このあたりがsimano社の販売戦略の術中にはまってしまうことになります。

こういった背景があるのでまず"Dura ase 9000シリーズ"は論外。
既にホイールも10s仕様を調達しいるし僕の眼中にはない。

次はカンパニョーロ。
ここまで11sを早くから採用しshimanoに1歩リードをしていました。

無題カンパ

これぐらいは知っているのですがそれ以外はshimanoに比較して割高、性能面では同等か。
歯数構成は圧倒的にバリエーションがあるのですがやはり割高。

しかし、イタ車にはイタ車のコンポが似合うのは当たり前、造りはshimano社に比較して圧倒的に存在感があります。
よって、憧れるものの、候補としては除外。
とにかくよく知らないのが本音です。

ということで、選択肢はshimano

そして本題のスプロケットの選択。

まずスプロケットを決めその後コンポを決めることにします。

①Dura ase 7900

②ULTEGRA 6700

このどちらかということになります。

要は、

①フルDura ase 7900
②フルULTEGRA 6700
③スプロケットのみULTEGRA 6700でその他はDura ase 7900

この三種類の内どれを選択するかということになります。

まず
①Dura ase 7900シリーズ。

これは先程のDura ase 9000シリーズ発売と同時に生産を中止するという情報。
しかし10Sであるが故、ULTEGRA 6700 などと互換性が一部保たれています。
ウエイトでもULTEGRA 6700に比較してトータル250グラム程度軽量。
しかし、価格は倍に跳ね上がる。

そしてスプロケットはロー側4枚(19-21-24-27)がセットでチタン製。

シマノ10s

確かにレース使用を大前提に軽量化という最優先目標を達成。

それとは引き換えに、耐久性という部分を犠牲にしています。
スチール製には全く及ばないということらしい。

そのせいか、普段走りではフロントインナー、リヤをトップギャ近くでチェーンを斜め掛けしている方をよく見かけます。
ここまでして、普段気をしながらの走行は考えるものがあります。

次は
②ULTEGRA 6700シリーズ

これは現行felt号ではcs6600、 ジュニアスプロケットとcs6700、のロー側3枚を組み合わせて13-28)をインストール。
歯並びは13-14-15-16-17-18-19-21-24-28。

13~19間がすべて1歯差のクロスレシオ。
21-24-28はヒルクラ用。

この並びは僕にはベストに近い。
     (本当は13も不必要ですが)

12Tは全く使用機会がないし、18Tは普段走行では一番利用価値がある。

シマノ推奨外の組み合わせではあるがここまで8000㌔程度の走行では全く変速性能に問題もないし歯並びも奇麗に収まっている。

このシリーズは新規ロードにも是非持ち越ししたい。

ということでスプロケットは現行のまま。

ULTEGRA 6700+6600の組み合わせ決定

しかしここで問題が発生!

これらのパーツを新品調達するとして、試しに現行のスプロケットをRacing ZERO Comp Limited Edition に仮組してみることに。

なんと、ジュニアの14T~19Tまでのグループがハブに収まりません。
色々とノギスで寸法を測定してみると以外な事実を知ることになります。

Racing ZERO Comp Limited Editionと  Racing 3ではハブの谷部分の直径が微妙に違うことが判明。

FELT完成車の時に標準でついてた10S 105 CS5600は ZERO Comp 、Racing 3両方に収まります。
ということはハブの谷部微妙な径の差が影響しているのはなで???

次の調査手段はNETでハブの適応を調べると。。

   Racing ZERO Comp     shimano 9s/10s

   Racing ZERO          shimano 8s/9s/10s

   Racing-3             shimano 8s/9s/10s

Racing ZERO Comp だけが8s に対応していません。
これはホイール調達時点で分かってはいたのですが元々8速なんて使用するつもりもなかったので無視をしていました。

さらに調べると6600ジュニアの14T~19Tまでのグループセットがハブの浅溝タイプ(俗にいう8s)以外は互換性なし。

これでやっと解明できました。

結論として Racing ZERO Comp のハブはCS6600ジュニアの14T~19Tまでのグループアセンブリーには入らないということです。

原因が分かったのはいいのですが。

それではインペリアーレのスプロケットをどうするかということです。

素直にDura ase 7900 12-27としコンポーネント一式をそろえてしまうか。

またはULTEGRA 6700シリーズで統一し 11-28の超ワイドレンジで我慢するか。

どっちにしろ一番のお気に入り18Tギャがなくなるのは空しい。
といっても27や28の "降参しましたギヤ" が無いと越えられない峠もあるし。

そしてDura ase 7900 のチタン製スプロケットも減りが早いらしい。

困った困ったど。

こんな時はみなさんのブログを参考にすることに。

検索すると"pata"さんのブログがヒット。
http://ameblo.jp/pata-bike/

色々と分かんない部分を質問したりして参考にさせてもらいました。
その説は大変助かりました。

それらを参考に、歯数構成が一番豊富なCS6700シリーズの歯数毎に品番を調査して、実績ある組み合わせが出来ないものか!!!
そのためにshimano社 h/p より一品づつ品番を調べ、品番毎に一覧表を作成に取り掛かることに。

やっと一覧が完成。  
IMG_0496-12.jpg

これで各グループの歯の品番が分かり前後の繋がりにどの品番が実績があるを明確にします。
カスタムの13-28を作る為に、実績のある歯の型番を見つけていきます。

ベースにするのは、11-28、これは21-24-28のセットがあるのはこれだけです。

まず、13-14-15はオリジナル11-28なので当然繋がりに問題なし。
16を追加するのですが16は1種類の品番しか存在しません。

また、11-23、12-23、12-25で15と16の繋がり実績があるのでY1Z81600DでOKです。

次は17。
これはペースとする11-28についているY1YX1700Dと16のY1Z81600Dの繋がりは実績がありません。

もう1つの品番Y1ZD1700Eは11-23、12-23、12-25で実績がありますのでY1ZD1700Eに交換する必要がある。

次は18。
これは1つの品番しかありませんし、12-23で17と繋がり実績があるのでY1ZD1800E。

最後は19の選択。
19は2種類の品番があるのですがどちらを選択するか。
21-24-28はスパイダーアームでセットされていますのでバラすことはできません。
この21と19のY1YX1900Dとは当然標準のままですので繋がりには問題なし。
しかし、18とは実績がないことになります。

もう一方の19 Y1ZD1900Eは12-25だけに設定されているのでこちらは前後ともに実績がないことになります。

ということは、Y1YX1900Dを選択すると18-19間のみ実績なし。
Y1ZD1900Eを選択すると18-19間と19-21間の両方に実績なしという組み合わせになるのです。

そこでここは両方の19を調達して実際取りつけて変速性能を見極めるしかないということにします。

後日、2つのスプロケットを組み換えたところ両方ともに変速はスムーズです。
ということで18-19間だけが実績がない、Y1YX1900D を組み込みました。



結論。
ベースは11-28を調達。
11-12は取り外し。
13-14-15はペースのまま使用。
16にY1Z81600Dを購入
17はペースのY1YX1700Dを外し、Y1ZD1700Eを購入
18はY1ZD1800Eを購入
19はY1YX1900Dのまま使用
21-24-28はペースのまま使用。
ということになります。

尚、ロックリングは標準の11用では付きませんので12用が必要です。
12T用で13Tのトップギヤを固定します。

また調達した17T.18Tはご覧のようにパッケージの機種がCS6600となっています。

IMG_0675.jpg

と言うことは、CS6600とCS6700は同じ歯を使っているということになります。

また16Tは、DURA-ASE CS7800 のパッケージになっています。

IMG_0677.jpg

どうもパーツ構成が複雑です。

組み込みが完成したCS6700 13-28
あくまで素人判断なので参考にされる方は自己責任の上で。

気持ちは11-23の男前ギャで走りたいもののこれだけは見た目優先とは行きません。

IMG_0672.jpg


長くなりましたが、フレーム以上にスプロケットの選択は重要課題と思います。

さて次回はこれ以外のコンポについてとなります。
スポンサーサイト

comment

Secret

複雑ですね~

2012.10.18.19:31

メカ的な事には無頓着だったんですが、
最近勉強しています。
私のFelt号はフロントトリプルは50T×39T×30Tで
リアは10S 11/25Tの様です。
ヒルクラ時、前を走るみなさんと同じぐらいの
速度で走っていても、回転数が多い(軽い)様に
見えるのは39Tと34T(コンパクト)の差なのかな?
フロントインナー39Tと34Tじゃ全然違いますかね?
トリプルの30Tはあんまり使いたくないし
やっぱりコンパクト化も考えようかなと思っています。
でもそうするとレバーなど一式交換か…

yossanへ

2012.10.18.21:16

39-25で美嶋足湯の坂(8~10%位)を登れるのであれば絶対フロントダブルで十分だと思いますが。
ギャー比 39-25=1.56  つまりクランク1回転でリヤタイヤが1.56回転します。
僕の場合はダブルなので34-24(1.42)、と34-21(1.62)を使い分けて登っていました。
これはギャー比1.42~1.62なのでほぼ同じ。
後はケイデンス(回転数)をどれだけ維持できるかですが、これは個人差があるので負荷が最小になるケイデンスを見つけてダメージを最小にしながらというのが良いようです。
頭では判っても実際はそうもいきませんが。
僕の場合最終兵器 "降参ギャ" 34-28 (1.21)を付けています。(トリプルの30-25とほぼ同じ)
これを使うときは"もう参った!!!"、と降参した時です。

ありがとうございます。

2012.10.18.21:34

参考になりました。
39-25で美嶋足湯の坂も登れますが、
思うようにケイデンスが上がらないです。
もっと峠へ繰り出して鍛えたいと思います。

トップギア13Tについて

2012.12.31.00:35

はじめまして。
13-28Tに興味があり参考にさせていただこうと検討中です。
ひとつ質問があるのですが、トップギアに利用する13Tは、Y1Z81300D(もとの11-28Tに入っているギア)をお使いですか?それともY1ZD1300D(トップ用ツバつき)をお使いですか?

Re: トップギア13Tについて

2012.12.31.05:07

dgwさんへ
トップギアに利用している13Tは、Y1Z81300D(もとの11-28Tに入っているギア)のままです。
14Tとの間にはスペーサーは要りません。
13T.14T.15Tはすべてオリジナルの11-28のままです。
ロックリングは標準の11用では付きませんので12用が必要です。
12T用で13Tのトップギヤを固定します。
シマノさんもホビーサイクリスト向けにこんなギァ標準販売したらいいんですけどね。

Re: Re: トップギア13Tについて

2012.12.31.09:59

felt75さん

ご返信ありがとうございます。参考にトライしたいと思います(もちろん自己責任で)。

現在11-28Tを利用しているのですが、平地巡航の際、トップの方のギア構成に不満がありまして、年末にいろいろ調べていてこちらのサイトを見つけました。11-28Tはちょっとワイドすぎですよね (^^;)

実は17T, 18T, 12T用ロックリングはすでに入手済みで、あとは16Tの注文を残すのみになっております。追加調査をしてたら13T固定方法などに不安を覚えたもので。

あと、追加で教えていただきたいのですが、記事にY1Z805000(スペーサー)2個分のラベル写真が写っていますが、こちらは組み替えの際に必要になりますか?

よろしくお願いいたします。

Re: Re: Re: トップギア13Tについて

2012.12.31.19:29

dgwさんへ。
11-28スプロケットはスペーサーが3枚で構成されています。
一方13-28を組むためには5枚必要です。
よって2枚追加で必要になります。
まあ、既存のスプロケットがあるのでしたらそれを流用可能ですか。
このあたりの構成はシマノH/Pのパーツ構成サイトで確認できると思いますので以下ご参考に。

http://techdocs.shimano.com/media/techdocs/content/cycle/EV/bikecomponents/CS/EV-CS-6700-2924B_v1_m56577569830799947.pdf



ありがとうございます

2012.12.31.22:11

felt75さん

ご丁寧に返信いただきありがとうございます。奥が深い一方、いろいろと考えるのは楽しいですね。

参考にさせていただきます。

年の瀬のお忙しい時期にありがとうございました。
良いお年を (^^)/
プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。