スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAYABUSA

2011.10.12.06:29

10日の夕刻から妻と映画を見に行ってきました。
当日は午前中にkccの【バイコロジーシンポジゥムin紀の川】サイクリングコースを試走、昼に帰宅して14時半には再度映画館に向けて出発です。

今回観て来た映画は【はやぶさ/HAYABUSA】です。

無題19

2003年5月9日、M-V-5/MUSES-Cの打ち上げから2010年6月10日 "はやぶさ"が地球に帰ってくるまでの実話を基にしたドキュメンタリーです。
僕たち衛星、宇宙関係の素人は、こんな衛星が打ち上げられていたことすら全く知りませんでした。
帰還報道がされて初めて知ったものです。
衛星には、カーナビのGPSやテレビのBS、気象衛星などは案外みなさんも身近に利用しているのでしょうが、こんな使命を持った衛星があったとは驚きでした。
報道メディアも、打ち上げた時は本当に地球に戻って来る訳がない!と口には出さないものの、そんな感覚だったからでしょう。

実際、限られた予算はNASAの1/10で達成したとのことで非常に意味があると思います
さて、映画には、発射の時の現場の雰囲気など、僕たちには想定をしていなかったことが見えました。
また、イラストの"はやぶさ君"は親しみを覚え、機械(メカ)なんですが生き物に似た感覚を持ってしまいます。

無題

実は【はやぶさ】関係の映画は3作が平行して制作されているようです。

① "20世紀フォックス"の【はやぶさ/HAYABUSA】
② "東映"【はやぶさ 遥かなる帰還】
③ "松竹"【お帰り はやぶさ】

これから見ようとする方がいたら、是非 "はやぶさ"について予習をしておくことをお勧めします。
そうすることで更に内容が理解できると思います。

地球から1億5000万キロ先の小惑星 "いとかわ" の直径は約500m。更に双方ともに宇宙では猛烈なスピードで移動と回転をしています。
こんな微小ピンポイントを狙って着陸、採石、そして帰還、なんとも感激です。
また、こんな先を飛行しているはやぶさを地球からコントロールする技術、こんなことがどうして出来るのか不思議でなりません。

無題12

映画とは全く関係がありませんが、主演 鶴見辰吾さんの自転車趣味も有名ですね。
たまに楽しく覗かせてもらっています。

無題77
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。