スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジションを試行錯誤

2011.10.28.20:42

苦手な坂道を少しでも登れるように、ここ1ヶ月ほど試行や調査をしていました。
これから述べることは、あくまでロードバイクの素人レベルの考えですので、脚力のある方やレース活動などをしている方からすれば間違った部分もあるとは思いますが。

まず自転車と人が接するのは。

ハンドル。

IMG_1928.jpg

ペダル。
IMG_1931.jpg

サドル。

IMG_1932.jpg

この3箇所、しかもそれどれわずかな面積しかありません。
この内ペダルの位置はクリート調整でシューズの位置を変えることはで来てもBBセンター位置自体は不可能です。
クリートに関しては、一応基本どうりに取り付けているはずですがベスト位置は素人では分からなかったのが実態です。
また、クランク長は170㎜です。計算上僕の身長からは167.5㎜位が理想ですがコストが掛りすぎます。
なので今回は無視します。

と言うことは調整部分はハンドルとサドルしかないのですが、登りの場合はハンドルは軽く握るだけなのであまり影響度が少ないような気がします(登りだけを捉えると)。
一方、サドルの位置が大きく影響していることが感じられてきました。

そのきっかけとなったのはルート370からの脇道、湯子川から大門までの8%超えの登りが周期的に来るコースです。
僕の場合、7%迄位であれば距離があっても27Tを使ってクルクル作戦で越えていけるのですが8%を越えてくると一気に足が回らなくなります。
どうもペダルにうまく力を掛けられていないような気がします。
そこで色々と試行錯誤を繰り返していました。

①素人では厳しい登りはダンシング以外引き足の効率化は無理。
本来踏み足+引き足でペダルを回すようなぺダリングが理想なのは頭で分かっていても中々実践ができません。
平坦部や暖斜面ならともかく、これを勾配の厳しいエリアで実践するのは素人では無理ということが分ってきました。
これはローラー台において、片足ぺダリングをしたら低負荷にも関わらず短時間でクランクを回せなくなってしまいます。
位置を時刻に置き換えて表現すると9時~12時までが厳しくなります。
逆にいえば両足の場合はもう一方で3時~6時の位置にありこちら側で踏んでいるから反対側を押し上げている状態になっているということになります。


②厳しい登りはとにかくシッティングで踏みやすい姿勢を見つける。
踏みペダルをすると太股筋疲労が早くなることは分かるのですが、厳しい登りでは踏まないと進まないのも事実、現時点のサドルポジションではペダルを効率良く踏める位置になってないじゃないかと感じ始めました。

③現在のポジションは平地距離優先のようだ、坂道を優先したサドルポジションが別にあるように思える。
方法として8%位の登り時、サドル位置はそのままで前方から後方まで色々と座る場所だけを変えて踏めるポジションを探る、
疲労具合はとりあえず無視して、最もペダルに力を掛けられるサドルの前後位置の実践した結果、後方に座ると全く駄目で力がペダルに掛けられない。
一方極端に前方に座るとペダルに力が掛る。
しかもイチニ、イチニ、とリズムが取りやすい。
一つギャを重くしたほうがいい感じもする。
但し非常に座りにくいし、疲労が早いような感覚と同時に足回しが窮屈に感じる。

③ダンシングの有効活用
太股筋を休ませ+引き足で登るポジションを見つけるための楽な姿勢を探す。
回すより引き上げるような感覚で引く、丁度サッカーボールをスローモーションで蹴り出すような感触。
これは全然違った筋肉を使うようだ。
しかし、長続きはしない。

これらからの改善案
1.
サドル位置を前方に10㎜移動する
(今までは一番後方、これはBBセンター腺上とサドル先端位置を-30㎜にすると膝裏の位置の真下にペダルを水平時の軸中心が来た為)

これが変更前、向かって右がサドル先端方向
固定位置がSTOP位置を越して後ろに取り付けられていました???。

IMG_1920.jpg

それからこれが変更後。
実際12㎜前方へ移動。

IMG_1927.jpg


2.
更にサドルの中央~前方の座る位置を頻繁に変えて疲労を和らげる。
特に前方の比重を上げる。
3.
前方座りの時はリズムを取りやすいので一定のリズムで回す。但し無理は禁物。
4.
更に定期的に楽なダンシングを疲れる前の早い目に入れる。


一方平坦、長距離においてはどんな影響が出るかは様子見。
10㎜程度であれば後方座りをすれば特に影響がないでしょう。

さてどんな結果が出るのでしようか。
それは1カ月ほど先になります。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.10.28.21:07

私はMTBなのでロードバイクとは少し違うかもしれませんが、ポジション出しは身体的負担を考えると非常に重要ですよね。
上りを重視するのか?それとも下りを重視するのか?はたまたロングランを重視するのか?・・・などなど、ポジション合わせも千差万別(笑
ちなみに私は・・・上り重視かな(^_^;)
身近なトレイルではハイカーが多いので下りを思うように楽しめないし(苦笑
色々なポジションを試行錯誤するのも自転車の楽しみだと前向きに考えましょうよ♪
プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。