スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮岬望楼の芝焼き

2013.01.27.10:34

26日は強風・・‥。
自転車は挫折してしまったので妻と串本、潮岬本州最南端、望楼の芝焼きを見て来ました。

13時過ぎには自宅を出発したのですが、高速や郵便橋付近の渋滞で現地着は丁度17時。

IMG_1484.jpg

無料駐車場に4輪を置いて現地会場へ。
展望台前の芝にはイベントの”餅投げ”待っている人で一杯。

餅は妻が2個、僕の前に1つ転がってきたのを合わして3個の収穫。

IMG_1521-1.jpg

本州最南端の火祭り」 風・音・炎の祭典と題して 名物「しょらさん鍋」「串本節保存会・岬節保存会・トルコ民俗舞踊団の表演」「餅つき・芋餅プレゼント」「芝焼き」とあるようです。

到着が遅れたので前半は見れず。

しばらく観光タワーで休憩していると打ち上げ花火時間。

IMG_1506-1.jpg

IMG_1499-1.jpg

IMG_1503-1.jpg

花火の火の粉で芝生に火が着いてしまいました。
ほんとは炎の弓矢で着火のはずでしたが。

IMG_1518-1.jpg

しかしさすがに日が落ちて岬の強風では寒い寒い!!!。
芝生一面は炎ですが全く暖かくありません。

いちもくさんに撤収します。
そういえば何年か前はこの辺りまで何回も磯釣りに来ていました。
また、釣りも再開たいのですが時間が無い。
定年後は釣りと自転車三昧と行きたいものです。

金刀比羅宮と小豆島

2012.11.06.05:52

11月3日~4日は家族旅行で香川県の”金刀比羅宮”周辺と”小豆島”に行ってきました。
自宅を6時過ぎに出発し、金刀比羅宮近くの駐車場には10時半頃に到着。
道中湾岸道路で道路工事のため思った以上に遅れました。

ここは1368段の階段で有名です。
ずいぶん前に会社の慰安旅行で来た記憶があるのですがもう20年以上も前。

両側にお店の並ぶあたりは余裕ですがそれを過ぎると石段の勾配がきつくなります。
お店はたくさんあるのですがお客の反応はいまいち。

IMG_0879.jpg

やっとのこと本宮に到着。

IMG_0880.jpg

ここは海の神様と言うことで船の安全祈願が多く、スクリューも。

IMG_0883.jpg

それから更に奥社と言われる場所を目指します。
折角なので最終まで行ってみました。

ほとんどの方が本宮で引き返すようで、ここを過ぎると一気に人影が少なくなります。

最初ダッシュをしていた若手グループが途中でダウンしていますね。
やっぱりイーブンペースが一番良いのは自転車と同じ。

階段を上るのは自転車とは違った筋肉を使うようで結構応えます。

奥社には壁面に天狗面があります。

IMG_0892.jpg

ここからの見晴らしです。

IMG_0890.jpg


帰りのくだりは結構寒くなってきました。
下りきっておきまりの”暖かいさぬきうどん”を頂きます。

続いての観光は丸亀城。

ここもいきなりの激坂。

IMG_0906-1.jpg

今日は結構坂が続きますね。

石垣美が有名らしい。

IMG_0908.jpg

こんな曲線はなかなかですね。

お城自体はかなり小さ目。
急こう配の上にあります。
どうもお城というより、見張り番の場所だったようです。

IMG_0922.jpg

途中 今はやりの”ゆるキャラ””京極くん” (後で調べると)がこの激坂を下ってきました。
 前が見えているのか???、危なげなく軽々と降りて行きます。

IMG_0912-1.jpg

本日最後は瀬戸内美術館。
瀬戸大橋ふもとにある。

東山 魁夷という画家の美術館。

IMG_0926.jpg

内容は良く分かんないが見覚えのある絵も。

近くに瀬戸大橋タワーがあるのですが、1名800円ということで予算オーバー。これは高すぎね!
一応予算は400円程度を想定していたのですが・・・。
ということでパス。

IMG_0927-1.jpg

そろそろ定刻となってきたので宿泊先の”休暇村讃岐五色台”に向います。
正面小高い山の上に見えているのですが、ルートは反対側からの登りのようでぐるり一回りしてやっと到着。

丁度夕日の沈む直前に到着。
ここも見晴らしはgood。
瀬戸大橋と夕焼け。

IMG_0935.jpg

翌日は小豆島を目指します。

明日、今日も天気は良さそう。

ホテルマンに情報を収集してみると”寒霞渓の紅葉”には少し早いのでそんなに混雑していない様子。
四輪のフェリー代金が結構高いのと移動時間がかかるので、高松港にデポして高速艇で移動することにします。
高知港からは土佐港と草壁港の2箇所に高速艇がでています。
丁度9時10分溌の土佐港行きがあったので乗船。

IMG_0946-1.jpg

約35分で到着します。
途中でフェリーを追い越します。

土佐港に到着。
ここでレンタルサイクルを予定していたのですが、係員より草壁まではとても無理ということで却下されました。
先日2人連れが行ったらしいのですが途中で挫折して帰ってきたそうです。

そこで終日フリー2000円の乗合バスで移動をすることにします。

まずは”二十四の瞳”で有名な映画村まで。

位置関係をみると一番離れているようです。
これなら草壁港の方が良かったか。

途中、パスの車窓からサイクリング大会が実施されているようで何台ものゼッケン付きのロードバイクが対向していきます。

うらやましい反面、このあたりは交通環境があまり自転車には向いていないようですね。

先般の淡路、琵琶湖のように整備されていません。
側道もないし、道幅の割に交通量が多すぎで危なっかしいようです。

映画村に到着。

IMG_0964-1.jpg

ここで小一時間の休憩。

IMG_0970-1.jpg

映画で田中裕子さんが使用した実際の自転車が展示されていました。

IMG_0983-1.jpg

IMG_0984-1.jpg

田中裕子さんは僕と同じ1955年生まれ。 関係ないか・・・。

たぶん昭和20年頃の木造校舎に内部。

IMG_0977-1.jpg

僕の時代よりもう少し前あたりか。

まあ僕の頃にも、これに近い雰囲気があったような・・・。
小さい木造の椅子と机には一杯の落書きと節の穴。
そのために下敷きが無いと鉛筆の芯で”ボコツ”と穴が空いたんです。

今ではおしゃれなボンネット付きバス。

IMG_0973-1.jpg

続いて小豆島のシンボル”寒霞渓”の紅葉はどうか。

再度路線バスで移動してロープウエイ乗り場まで。
やはり紅葉には少し早いようで順番待ち無しで乗車。

IMG_1024-1.jpg


来週あたりからは紅葉ピークらしいので大渋滞が想定。

ロープウエイ途中から。

IMG_1040-1.jpg

紅葉は少し早いですが素晴らしい景観です。

IMG_1038-1.jpg

頂上には観光バス等も来ているということはロープウエイだけ無く4輪も登ってこれる、ということは自転車でも可能?

IMG_1031-1.jpg

ここは是非ロードバイクでも来てみたいものです。

IMG_1026.jpg

小豆島は香川県側からだけでなく、神戸あたりからも船便があるようなので、小豆島だけならこっちのルートで日帰りも可能でしょう。

帰りは草壁港からの高速艇で高松まで。

朝乗った高速艇より豪華ですね。

IMG_1050-1.jpg

ほぼ満席状態。

港に到着は15時半、最後は栗林公園に向います。
夕方だったので正面入門直前の駐車場が空いています。

閉門まで1時間少しあるのでギリギリという感じ。

松を主体に日本庭園が豪快です。

IMG_1056-1.jpg

松の木の本数だけでもすごい数です。

足早に1時間コースで進みます。

IMG_1081-1.jpg


一体手入れにどれだけの労力がかかるんでしょうかね。

17時時頃に帰路につき若干の渋滞で帰宅は21時になってしまいました。

そういえば久々の家族旅行ということでした。

港祭りでお疲れさん

2012.07.26.21:04

ブログアップが遅れましたが、毎年の如く8月22日は港祭りの手伝いに駆り出されました。
あまり人ごみの中は好きではないし、特に派手な花火を見たいわけではないのですが、仕事上のこともありしかたないですね。
自宅を15時頃に出発し16時には現地本部付近に集合、ビール、お茶等をバッカンで冷やし、おかしの袋詰めを完了。
テキヤの屋台も準備に真っ最中です・

P1000001.jpg

後は来客が来たら手渡しをしていく準備が完了しました。

放水船のデモンストレーションが始まりました。

P1000003.jpg

そろそろ定刻、花火見物客も集まってきました。
今日は風があってけっこう涼しい方です。

今年は60会記念大会ということで4000発が打ち上げられました。

P1000012-1.jpg

文字花火があるという事でしたが確認できず。
最後に連発の打ち上げ。

P1000013-1.jpg

終了後に打ち上げ船が寄港。

P1000021.jpg

台船の発射台には無数の発射口があります。
すぺて、コンピューター制御だそうです。

周辺の屋台が片づけ始め、22時半頃にやっと交通規制が解除されましたので4輪を倉庫から移動し帰宅につきます。
しかし周辺がごみの山です。

一人が出す量はしれているんですが、これだけの集団では本当に山となってしまいます。
これを翌日までに清掃して頂いているのは大半がボランティアの方らしいです。
本当に頭が下がります。


家族旅行は京都美山"かやぶきの里"へ

2012.06.26.20:08

24日は曇り予報ということで先般妻より"連れて行って"と言われていた京都、美山"かやぶきの里"へドライブに行ってきました。
と言っても、実はツーリングの下見を兼ねていましたが。

阪和道、近畿道、第二名神、ルート162を経由し"ウッデイ京北"で小休止。

IMG_0080-1.jpg

続いて"道の駅美山ふれあい広場"の観光案内所で周辺観光地図を調達します。

IMG_0081.jpg

ここからは10分程度で第一目的の"かやぶきの里"に到着できそうです。

美山は町ジテKさんもお勧めの最適ツーリングコースだそうです。

"自転車の聖地"と言われる美山は、ここに来るまでに無数のツーリンググループに遭遇したことで、その片鱗が見えます。
1人で来ている者から10人以上のチームジャージも含めて様々です。
ここまでコース景色を含め路面もグッドの様相。
コースを選べは4輪の交通量も少ないようです。
坂道が好きな方はそれなりのコースがあるし平坦メインも当然あります。

おっと、今日は家族旅行がメインでしたね。

前方に"かやぶき家屋"の集落が確認でき現地到着です。

IMG_0087.jpg

集落のシンボル、今では見かけなくなった"丸い郵便ポスト"が映えます。

IMG_0088.jpg

集落中ほどの資料館で休息。
朝早いせいか今のところ観光客は僕たちのみなので丁寧に説明頂きました。

IMG_0110.jpg

続いて"藍美術館"ここでは"藍染め"の設備というか道具があり実際ここで染めているようです。
そうこうしている内に観光バスが到着したようで、次々お客が来始めました。

おなかも減った頃に、米パン販売発見。

IMG_0116-1.jpg

妻と2個づづ調達します。
10時開店で売れ切れ次第終了とのこと。
この調子では12時頃には無くなりそうです。
どんどん売れています。
近くの八幡宮に上ってから駐車場にもどります。

この頃には観光バス数台を含めかなり混雑してきました。

やはりいます、自転車軍団。
この周辺は自転車用スタンドが当然のように設置されています。

IMG_0124.jpg

周辺のコースの一部。気持ちいいコースが続きます。

IMG_0120.jpg

続いて大野ダム方向へ向かいます。
このあたり周辺もツーリングコース最適。

IMG_0126.jpg

しかし、大野ダム周辺は特に観光場所が見つからず、今度は少しUターンして日吉ダムを目指すことにします。

車で30分程度でしょう。
途中変わった橋があったのでパチリ。

IMG_0130.jpg

"スプリングスひよし"に到着。
当初、道の駅クラスの施設と思っていたのですが、日吉ダム下流に作られた施設で結構大きな施設です。

IMG_0131.jpg

丁度昼食時刻ということでここでランチタイム。

温泉、プール、パークゴルフ、足湯、食事、お土産、など多目的な施設です。

ここにデポしているツーリングメンバーも結構います。

IMG_0134.jpg

当然スタンドも常設。

IMG_0132.jpg

休息の後、ダム堤防まで登ります。
かなり大きいダムです。
貴志川の山田ダムとは比べ物になりません。

IMG_0139.jpg

ダムの中央頂上付近からはエレベーターが設置され、ダム壁内部には見学施設もあります。

IMG_0148.jpg

ダム周辺もツーリングに結構来ています。

IMG_0135.jpg

最後にダム湖を周回し、ツーリングコースの確認に余念がありません。

ダムよりスプリングスひよしの全景。

IMG_0141.jpg

再度"スプリングスひよし"でアイスタイムの後、帰路に着くことに。

帰りはルート477を主体に川西市、池田市方面から阪神高速11号、湾岸を経由して帰着です。
どうもこのルートの方が距離が短縮できたようで午後5時には自宅に到着しました。

下見の成果ですが、ツーリングコースは無数にあるようですのでグループの技量に応じて色々設定できそうですが、前回行った淡路島周回と違い、コース選定には是非経験者が必要ですね。
そうしないと大変なコースとなりかねませんし、まだまだお勧めコースが一杯あるはずです。
デポ地点の候補としては"スプリングスひよし""美山ふれあい広場""ウッデイ京北"あたりでしょうか。
しかし、これから夏場の季節はちょっと天気と相談して行かないと"ひよし"ではなく"日干し"になってしまいそうです。

天川村へドライブ

2012.05.05.21:27

ゴールデンウイークの中日、奈良県天川村へ妻とドライブがてら行ってきました。
4輪だと自宅からは先日開通した京奈和道路のおかげもあって2時間程度で到着です。

当日はあいにくの雨模様ですが、たまにはこんな雨もいいものです。

天河大弁財天社に到着。

IMG_2854.jpg

昨年の大洪水でかなり被害があったので今年の桜は心配していたそうですが無事に咲いたとテレビで放映されていた場所です。

IMG_2848-1.jpg

ひとつ峠を超えて面不動鍾乳洞を見ていくことに。
川に沿った旅館街から逸れて山の斜面を結構登ります。
15分程登ったところにありました。

IMG_2860.jpg

洞窟内は迷路のようで、順路を書いているのでそれに沿って進みます。
思いのほか大きいようです。

実は、ここに登る手段は徒歩の他、ケーブルカーがあります。
超ローカルなケーブルカーです。

まるでジェットコースターを更に簡素化したような5人程しか乗れません。
結構これは勇気がいりそうですね。

IMG_2861.jpg

雨で新緑が更に眩しい天川村が眼下に。

IMG_2857.jpg

少し古びた旅館街は風情がありますな。

IMG_2862.jpg

雨の旅館街周辺を散策して来ました。

IMG_2865.jpg

美しい大自然に恵まれた天川村は大峯山が有名ですが、それ以外にも色々と自然に接することが出来る村です。
今度は天気の良い紅葉の時期にも来てみたいものですね。
プロフィール

feltf75

Author:feltf75
和歌山県紀の川市在住。
趣味:サイクリング.磯釣り.庭木.映画。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。